清澄白河を音で旅する、架空のローカルラジオ。
目に見えないものからこのエリアの風景や歴史や記憶を感じることで、目に見えるものだけでとらえていたイメージとは違う清澄白河を体験できることでしょう。

「ラジオを試してみる!」

「昔のラジオバージョン」 「フルチャンネルバージョン」

東京都現代美術館が清澄白河エリアで展開した「MOTサテライト2017春 往来往来」で誕生したgift_+ASによる「ラジオ往来往来」が、地域の継続プロジェクトとして生まれ変わりました。

聴こえてくるのは深川・清澄白河にまつわるさまざまな音、声、音楽など。
詩人・カニエ・ナハが書き下ろした「時報の詩」、地域のみんなの声で作られたジングル、ゆかりの詩人・吉増剛造のつぶやき、まちの人たちのインタビュー、投稿による地域の音の風景など、清澄白河の「今」が、ラジオのプログラムにどんどん取り込まれていきます。
Radio.OraiOrai.orgにアクセスして、いますぐ聴いてみてください。
スマートフォンで「ホーム画面に追加(アンドロイドはショートカットを追加)」をするとアプリとしてより簡単に楽しめます。

あなたが録音した音もラジオステーションに投稿できます!
清澄白河に関わる音であればなんでもOKです。

詳しくはラジオステーションに GO!

「MOTサテライト2017秋 むすぶ風景」の会場でも、ラジオ往来往来を視聴体験できます。

ラジオ往来往来 イベント案内

ラジオ往来往来 チャンネル案内

「本日のプログラム」

参加 / 協力